プチ整形、ボトックス、多汗症、ヒアルロン酸の情報サイト

プチ整形 puchi-seikei.jp
プチ整形表紙ページへ戻る クチコミ情報 おすすめクリニック お問い合わせ
プチ整形とは ボトックス ヒアルロン酸 多汗症 Q&A



2012/3/07 エステサロン(脱毛サロン)の摘発

大阪にあるエステサロン「エアフール」社長、吉川理恵容疑者(34)や店長ら女3人が脱毛の医療行為をしたとして大阪府警生活環境課と曽根崎署は逮捕に踏み切った。
本来、エステサロンでの脱毛行為は違法である。それを知らなかったと言っているのは明らかな嘘であろう。なぜなら、業界ではそれは暗黙の了解で通っている。違法行為であるということは認識していながらも、問題を起こさなければ捕まることはないだろうという非常に幼稚な意識しかない。それがエステサロンの現状でもある。しかし、これらは氷山の一角であり、全国すべての脱毛サロンはすべて違法行為であるということを知っておくべきである。特に悪質極まりない脱毛サロンも都内だけでなく、地方にも多い。脱毛サロンは安いから大丈夫!ではない、本来違法行為。エステサロンでは脱毛行為すらできないのである。そういったサロンで安易に治療を受ける人が多いから、サロンも無意味に店舗数を増やしているし、テレビCMも現実には行われている。テレビCMが存在する以上、違法性はないと認識するのはやむ得ない。なぜ、メディアは違法行為を安易にテレビCMで放送するのだろう? 到底私たちには理解できない。
実はこれは脱毛だけではない。アートメイクも同様である。アートメイクについても厚生労働省の見解としては医療行為とされ、本来は医療機関でしか受けることはできないもの。しかし、全国に数千店あるアートメイクサロンもほとんど摘発されていない。取り締まりすらされていないのが実情である。


2011/11/08 ホームページに掲載している手術費用のトラブルについて

今や美容外科クリニックにとってホームページは集客における重要なアイテムである。そのホームページに掲載のある手術費用にはさまざまなカラクリがあるのを知っているだろうか?先日、厚生労働省から、美容外科クリニックが運営するホームページの掲載内容に対する指針を作り、行政指導の対象となる方針を固めたと言う報道があった。
主な内容としては、脱毛や脂肪吸引などの表記と実際に診察に行った際の価格の大幅な差である。ホームページに掲載のある費用のつもりでカウンセリングに行ったら「掲載の方法では仕上がりが悪い」と指摘され、表記の何倍もの費用を請求されたなどである。
こういった悪質なクリニックはある特定のクリニックと限定はされているものの被害者は増えている。広告などの表記と実際の提示金額に差異がある場合は、絶対に受けてはいけないということ。医者だからと安心してはいけないのである。美容外科に進む医師の一部には悪質な人間も多いものである。


2011/10/24 アートメークトラブル。治療費のトラブルや皮膚障害などが増加

化粧をしなくても眉や唇などを美しく見せることができる。取れないメイクとして定評のある「アートメーク」に絡んだ相談が全国の消費生活センターに相次いで寄せられている。アートメイクは手軽さから個人宅やエステティックサロンで行われているケースが多いが、本来は医師の管理下でなければ問題がある。厳密に言えば、医師が施術まで担当しなくてはいけないというのが、医師法における見解である。しかし、現実には医師がアートメイクを実施するところはほとんどない。

全国の消費生活センターに寄せられたアートメークによる健康被害の相談は平成18年から5年で121件。「アイラインのアートメークをしてもらったが、誤って目の下に色が入ってしまった」「友人の自宅で施術したが、眉の形が左右でずれて形も変になった」といった被害が報告されている。目の周りや眉に皮膚障害が残るなどの被害を訴えるケースもあり、「眉の周りが赤く腫れ上がって痛みがある」「角膜に傷がついた」といった深刻な相談もあった。また、イメージと違ったり、失敗したりした場合に、治療費をめぐって、施術者側とトラブルになるケースもある。除去には医療機関でレーザー照射を繰り返す必要があるなど相当期間の通院が必要で、自由診療となるため、費用も高額になってしまう。

アートメイクはメイク感覚で受けることができるのだが、医療機関の管理下で受けることが望ましいものである。


2011/3/09 脂肪吸引による死亡事故で家宅捜査

2009/12に品川美容外科池袋院で脂肪吸引を受けた70歳の女性が死亡した事故で、警視庁は品川美容外科に対して家宅捜査に入った。業務上過失致死の疑いであろう。37歳の執刀医についても立件されるであろう。70歳という高齢者に対して脂肪吸引をおこなうことにも疑問を感じるが、それ以上にまともな経験を持たない医師に脂肪吸引などを治療をおこなう医療機関としても社会的モラルの低さを疑う。実際、品川美容外科に限らず、同様のコンセプトで治療を行っている大手美容外科もある。運よく事故をおこしていないようだが、美容外科医としてのレベルの低さははかり知れないものである。広告能力に優れているのはわかるが医師として磨くものはないのか?そんな医療機関に勤めるスタッフは平然仕事ができるのか?甚だ疑問である。

2010/12/04 無資格者による腸内洗浄で逮捕

「体がきれいに」コーヒーで腸内洗浄で医師法違反容疑

医師の資格がないのに医療行為である腸内洗浄を行ったとして、千葉県警環境犯罪課などは3日、医師法違反の疑いで、千葉県県山武市松尾町大堤の男性経営者を逮捕した。同課によると、容疑者らは「悪い物が出て体がきれいになる」などとうたい、少なくとも女性患者計6人にコーヒーを使った浣腸(かんちょう)による腸内洗浄を実施。健康被害は確認されていないが、同課は他にも同様の違法行為を行っていたとみて調べている。同課によると、いずれも容疑を否認。容疑者は「準備や後片付けはしたが、浣腸自体は患者が自分でやっていた」と話しているという。逮捕容疑は昨年4月23日〜8月27日までの間、同市内に設立した「代替医学総合研究所松尾本店」(昨年閉鎖)で、便秘などの症状を訴えていた当時中学1年の女子生徒(14)ら患者2人に、浣腸器具を使って肛門からコーヒーを注入するなど、無資格で腸内洗浄を行ったとしている。


2010/11/27 美容外科にも嘘が多い!!

11月8日放送の「月曜プレミア!主治医が見つかる診療所」という番組の「楽ちん!飲む飲む断食」というコーナーで、腸をきれいにして活性化させるため、野菜や果物などを発酵させた酵素飲料を飲む断食法を紹介した。このコーナーの体験者は実はこの酵素飲料を販売している会社の社長であったことが発覚。スポンサーの社長が体験談を語るというのは明らかに不自然であり、本当の体験談か否か疑問しか残らない。美容外科などである体験談というのも実はこういったサクラともなるものが実は多い。しかし、そういったサクラを確認することは現実的には不可能であり、大切なのは正しい真実の目をもつことである。

2010/11/26 中国の美容整形手術で死亡事故

11月24日、人気オーディション番組「超級女声」出演で知られる女性タレントの王貝が、美容整形手術の最中にショック状態に陥り、死亡していたことが明らかになったと中国経済網が伝えた。

手術ミスによる死亡が伝えられたのは、2005年と09年に人気オーディション番組「超級女声」に出演し、その後タレント活動していた王貝(ワン・ベイ)。今月15日、湖北省武漢市の著名美容整形クリニックで母親と一緒に手術を受けたが、アゴの骨を削る際に大量出血し、血液が気管をふさいで窒息状態に。すぐ救急病院に送られたものの、ショック状態から脱却せず、30時間後に死亡が確認された。母親も同様の手術を受けていたため、娘の急変を知ったのは手術から24時間後だったとのこと。現在は武漢市衛生局が手術時過失の有無を確認中だが、手術を行った「中墺整形医院」はこれまでにも「人造美女」タレントを生みだし、たびたびメディアに取り上げられる著名クリニックだった。今年24歳の王貝は2005年、「超級女声」成都予選区でベスト20に進み、現在は国民的アイドルとなったクリス・リー(李宇春)のライバルとして話題に。さらに「夢想中国」「快楽女声」といったオーディション番組にも出演し、タレント兼歌手として活動していた。


2010/10/20 美容皮膚科開業医覚せい剤使用容疑で逮捕

埼玉県川口市の皮膚科クリニック(ヒューメンズクリニック)の医師新井浩之容疑者(39)を覚せい剤取締法違反(使用)容疑逮捕。警察の発表によると、新井容疑者は今月、覚せい剤を使用した疑い。新井容疑者が15日、「覚せい剤を打った」と110番してきたため、尿検査をしたところ、陽性反応があった。新井容疑者は「越谷市内の飲食店で1人でやった。気持ちよくなりたかった」などと供述しているという。同署は入手経路や通報した動機などについて調べている。

2010/10/12 痩せ薬(リダクティル)の使用禁止について

痩せ薬として日本でも多くの美容外科の医師が処方しているリダクティルですが、2010年10月8日よりアメリカのFDAやオーストラリアのTGAが使用禁止の通達を出しました。先日、日本のテレビでも台湾の医療関係者がリダクティルの服用によって死亡例が報告されたばかりですが、世界各国でも全面禁止の動きになりつつあります。元々、日本では未承認薬なので医師の個人輸入による処方は可能ですが、使用に際しては十分な注意が必要である。

2010/10/07 豊胸手術で死亡事故

福岡県警中央署は7日、豊胸手術を受けた大分県内の30歳代の女性を麻酔ミスで死亡させたとして、福岡市中央区天神2の「福岡コムロ美容形成クリニッ ク」の男性総院長(57)(東京都港区)と執刀した男性勤務(61)(鳥取県倉吉市)を業務上過失致死容疑で福岡地検に書類送検した。発表によると、勤務医は1月7日、女性の太ももから吸引した脂肪を乳房に注入する手術を実施。太ももに局部麻酔をかけたが、麻酔の量を誤り、女性を急性麻酔中毒による意識不明に陥らせ、2月4日に低酸素脳症に伴う多臓器不全で死亡させた疑い。総院長は手術に立ち会っていなかったが、女性にけいれんなどの症状があるとの報告を手術直後に受けながら、他の病院へ搬送するなど適切な措置を怠った疑い。

2010/7/08 多発する美容医療トラブル

先日、国民生活センターが”高額施術の契約をせかす美容医療サービス”として報道各社にPressが送られた。そのレポートには現在美容医療がかかえるさまざまな問題が掲載されていた。
モニター募集と題して集客し、実際には表示以上の価格で治療を斡旋するものや、路上でアンケートを求められ、クリニックに行って治療を斡旋するなど悪質極まりないものが目立つ。美容医療というのはビジネスではなく、医療行為であるという認識が一切ない医師がこの業界には多い。やはり、美容外科医は医者として未熟で無能なものが多いという現れであろう。大手美容外科などは臨床研修を受けていない医師の雇用が目立つ。医師としてしっかりとした経験を積む以前に、美容医療を医療として考えられない医師は美容外科に進むべきではない。もちろん経営する医師はそういった医師を雇用してはいけない。業界団体にはそういった動きすらない。業界団体もそういった医療機関を普通に受け入れ、協会に入会させることにも問題がある。日本相撲協会と同様自浄作用がない団体は不要なのではないか。


2010/5/09 ヒアルロン酸注射の量り売りにご注意

先日、美容外科クリニックで働く看護師5名にて、情報交換をおこなった。そこで発覚したのがヒアルロン酸注射の使い回し行為である。使い回し行為とは一人の方に注射した製品が余った場合、残りのヒアルロン酸を針だけ変えて他の人にも使うということである。以前にも同様の行為があると指摘し、量り売りをしているクリニックは要注意ということで警告をしており、現在はかなり少なくなったと思ったのだが、最近少しずつ増えている傾向にある。もちろんこのご時世、不景気ということが背景にあるのだろう。少しでも効率を図るための手段とはいえ、そんなクリニックでの注射は絶対に避けるべきだと思う。

2009/11/28 当サイトをご覧の皆様へ

2009年11月27日に各地域におきまして発生したネットワーク障害に関連し、当サイトも一時的に閲覧が出来なくなりました事をお詫び致します。

2009/3/03 ボトックスによるシワ治療の認可について

2009年2月 グラクソスミスクライン社製のボトックスが国内のシワ治療において正式な認証を受けました。これにより国内のボトックスの流通が簡素化されるため、多くの医療機関で治療ができるようになると思います。

2009/1/12 プチ整形のヒアルロン酸注射 自分ではやめて!!

気軽にできるプチ整形の代表的な治療”ヒアルロン酸注入”自分で購入して注射するトラブルの報告がありました。自分で注射する?そんなことが現実にあるのか?と疑問を持ったが、確かに個人輸入のサイトではレスチレンやパーレンなどヒアルロン酸注入で使われる薬剤が簡単に入手できる。しかもこれらは一定の手続きをふめば簡単に合法的に入手できるのです。費用も1本当たりの単価は1〜2万円で病院で注射するよりも確かに安い。
 これらの情報は”問題の多い某掲示板”で安価でできるプチ整形として書き込みされており、多くの人が実際に利用していると思われる。しかし、自己での注射はさまざまな問題が多い。安いからと言って安易に購入して、自分で注射するという行為は絶対にやめるべきです。ヒアルロン酸によるプチ整形は医療機関でおこなうようにしましょう。


2008/12/26 マッサージオイルで火災??

美容サロンなで使用するオイルの使用で発火事故が増加しています。多くの場合はサロンなどの店舗なのですが、個人物販なども増えているため、家庭での使用には要注意して下さい。特にマッサージオイルなどは洗濯してもオイルが染み込んで油分が完全には落ちず、繊維のすき間に残った油分が乾燥による熱風で酸化し、高熱を発して自然発火したと考えられています。そういったものはしばらく乾燥機は控えることが良いそうです。

2008/12/23 大阪の美容外科クリニックで麻酔薬の使い回し発覚

 大阪市北区の美容外科クリニック(エールクリニック)が美容形成手術で使用した全身麻酔に使う薬剤の残りを廃棄せず、別の患者の手術の際にも
使い回したことが23日、分かった。同市保健所が医療法に基づき改善指導していた。この薬剤は防腐剤が入っていないため、封を開けて時間がたつと液中に感染の原因になる細菌が増殖する可能性があったという。病院側は実際に患者が感染症にかかるなどの被害はなかったとしている。
 市保健所によると、薬剤は全身麻酔薬「プロポフォール」で豊胸手術などで使用していた。市保健所に「クリニックで麻酔薬が不適切に使用されている」との情報が寄せられ、今月22日に立ち入り調査したところ、同病院の院長が今年3〜4月に使い回しを2回行ったことを認めた。
こういった問題はほんの一部であろう。ヒアルロン酸やボトックスの偽装使用、使い回しなど多くの医療機関で行われている現実を公表し、早急に改善を願うばかりである。


2008/10/07 秋向けのコンテンツを一部更新・追加いたしました。

乾燥する秋?冬に向けたコンテンツを一部更新しております。

2008/9/16 眼瞼下垂の治療”埋没法”への注意 !!

美容クリニックで眼瞼下垂の治療法として、”埋没法”による治療が取り上げられていますが、これは正しい眼瞼下垂の治療ではありません。眼瞼下垂の治療(挙筋前転法)はミューラー筋を温存し、まぶたと筋肉との接着を自然な状態でくっつける治療であり、埋没法のように簡単にできる治療ではありません。弊社のサイトにも同様のご相談を多くいただきますが、似て非なる治療ですので十分にご注意下さい。内側からでも安易にできるというキャッチのようですが、根本的にはなんの治療にもなりませんし、最終的には切開による治療が必要になるケースが多くなります。

2008/8/01 夏の悩みの種、多汗症コンテンツを一部更新しました

 2008年、今年の夏は猛暑の連続です、猛暑と言えば、クーラーと汗。
 汗は、いやなニオイを放出してしまい、特に女性の天敵ですよね。


2008/6/20 プチ整形 ホームページ夏向け更新完了

プチ整形情報サイトをご覧いただきありがとうございます
夏に向け、多汗症、ワキガ、ダイエットコーナーにコンテンツを
追加いたしましたのでご覧くださいませ!

また、その他のコンテンツも随時更新中!


2008/6/08 プチ整形、美容整形の総合サイトにモバイルコンテンツが誕生しました
関連URL:http://www.puchi-seikei.jp/m

プチ整形についてもっと調べたい、移動中でもご自宅でも、ちょっとした時間を利用してもっとプチ整形を知りましょう!

 以外に知らない落とし穴?! プチ整形で輝くには?!

 ヒアルロン酸からボックス、メディカルダイエットまでプチ整形の全てを網羅してお届!


2008/4/10 カラーコンタクトにはご用心!!

黒目を大きくみせるということで、大手メーカーをはじめ、さまざまなカラーコンタクトが増えています。国民生活センターが平成17年に実施したテストではメーカー2銘柄でかゆみや炎症を引き起こし、4銘柄で色が溶けだしたなどさまざまな問題が出ています。メーカー製品がすべて安全と思っているのは大きな誤りであり、しっかりとした安全基準がこれから見直される現状。きれいに見せるためのものが病気を引き起こす元となってはなんの意味もありません。もし使っているのであれば十分な注意が必要では…

2008/4/02 「飲むだけでやせる」に騙されないで!!

こんなチラシみかけたことありませんか?
「飲むだけで痩せる!」ゲルマニウム入りサプリメント。
これらは医学的なエビデンスも一切なく、ダイエットの効能が一切ないということが明白。誤認広告ということで、景品表示法違反にあたるとして、排除命令が出された。しかし、これらはあくまでほんの一部のものであり、テレビや雑誌などでPRされているものの多くはその類いのものである。だます会社が悪いのか?だまされる消費者が悪いのか?意見はさまざまあるようだが、広告には十分注意する必要がある。
 このことはサプリメントだけではなく、美容医療でも同様である。虚偽手術件数やいかにも医学的効果を表した表現など、一般の人ではわからないがいかにも正しいと思いこませる内容のクリニックは多くある。多くのクリニックで行っている治療が本当に正しいとも限らないことを十分理解する必要がある。


2008/3/27 まつ毛のエクステに注意 !!

 消費者センターにまつ毛のエクステのトラブル相談が増加中。センターによると平成16年頃から出始めていたが、平成19年は前年の2倍まで増加。主な内容は「まつ毛の損傷」「角膜炎」「痛み」など。まつげのエクステは簡単に目力をつけることができるとメディアで取り上げられたことをきっかけに多くの女性に急速に広まった背景がある。これらのトラブルを受け、いち早く厚生労働省も動き出した。こういったエクステの技術を提供するには「美容師」の資格を有するとの見解を示し、今後は指導含め取締に動く働きもある。
 現状ではエステティックサロンやエクステ専門のショップなども多く存在するが、「美容師」の資格を所有しているのは極一部である。基本的には無資格で処置をしているところが非常に多いと思われる。しかし、資格を持っているからと言って安全性が保たれているわけではない。目がごろごろしたり、しみるような痛みを伴う場合は眼科での診察が必要。多くの場合、角膜炎を引き起こしていることが多く、早期の治療であれば大きな問題になることもなく治癒する。しかし、悪化すると失明の危険性も伴っており、十分な注意が必要である。


2008/3/25 悪質勧誘で大手エステティックサロンに新規契約停止命令

エステ料金を支払う能力が乏しい若者に高額な契約を結ばせたり、虚偽の説明で悪質な勧誘をしたりしていたとして、東京都が24日、エステティック業界大手の「ラ・パルレ」(東京都港区)に対して、特定商取引法違反で新たな契約の勧誘や締結を3月25日から3カ月間停止する命令を出した。対象は、都内の17店舗に及ぶ。

2008/3/25 美容医療におけるクレジット被害について

埋没法やワキガの治療において、不当なクレジット契約を半ば強制的に結ばれたとされるトラブルが消費者センターに報告されています。当社でも同様のトラブルの相談を受けるケースが増加しています。

■トラブル事例1
ワキガの治療で手術中に“あなたの場合、汗腺が多く、超音波で治療しないと効果が少ない。”と治療中に言われ、言われるがまま、ローン契約の金額を記入したケース

■トラブル事例2
埋没法の治療で糸の本数で治療費用が加算されてしまったケース など

こういった悪質なクリニックの存在が表面化されつつあります。これっておかしいんじゃない?と思われた場合、消費者センターなどを積極的に利用することをお勧めします。また、弁護士会もそういった悪質なトラブルの相談も始めています。


2008/3/21 夏はやっぱりプチ整形
関連URL:http://www.biyouseikei.co.jp/

夏が近づいてきました。
毎年そうですが、夏が近づくとダイエットや痩身がブームになります。
しかし安易な知識でダイエットを始めたり、極度な拒食によるダイエットはかえって体の代謝を低下させ結果的にやせにくい体になってしまいます。

ダイエットを始める前にも専門家へ無料相談をしてみましょう!


2008/3/14 まぶたの手術を考えている人 要注意!
関連URL:http://www.gankenkasui.jp

二重瞼の治療を考えている人は要注意。
弊社では以前より、さまざまな病気に対する情報サイトの公開をひとつのプロジェクトとして掲げていました。昨年の11月にIllness Project 部門を開設し、それぞれの専門性に対応したサイト構成をし、単なる広告的なwebサイトではなく、入手困難な情報や誤った情報で混乱しない本当に困っているユーザーのための情報サイトとして運営・運用してまいります。その最初の運営サイトとして”眼瞼下垂”を始めました。二重瞼の治療として非常に有効な方法ですが、適切な医療機関でない治療はかえってさまざまな問題を引き起こします。まずは、情報を入手することから始めましょう。


ページトップへ
Copyright (C) プチ整形&SHOEI, Inc. All Rights Reserved.